ツアー35:大スクープ!!あのランカー実績多数の、超危険最凶爆釣ポイントで大発見!!(シーバスゲット動画有り)

 

 

 

 

今回の記事は「ゴルゴ横山と行く爆釣ポイント開拓の旅「爆釣ドリームツアー」 」コーナーの下記の続編です。

あの爆釣港湾部ポイントは、何月から爆釣するのか? ~産卵後の「戻りスズキ」と「バチ抜け」の関係~(スズキゲット動画も掲載!))

まずは、前回の記事の「あとがき」部分を再掲しておこう。

■あとがき

1月13日時点では、この沖の浅瀬では爆釣は起こらなかった。しかし、手前の岸近くではフッコクラスが数匹釣れたので、沖の浅瀬にもスズキが回遊してくるタイミングはあっただろう。

とはいえ、例年、このポイントは釣れるときは、もっとヒットが連発するので、今年はまだこの時期は本格的な”戻りスズキ”の群れは接岸してきていないのだろう。

では、そうなると次に気になるのは「この沖の浅瀬ポイントは、いつから釣れ始めるのか?」だ。当然、ゴルゴ横山がそういう疑問を放置するはずは無い。後日、更にしつこく、このポイントのチェックに訪れた。結果はいかに???

ちなみに、次回の釣行では、思いもかけない大発見をした。このポイントについては、革命的な発見だ!請うご期待!!!(つづく)

ということで、再度しつこく、1か月後の2月9日に、このポイントに訪れてみた。昨年は、2月3日にはランカーが入り乱れて爆釣していた。さて、今年は2月から爆釣は始まっていたのだろうか。

このポイントで「2月に爆釣スタート」は再現性のある法則と言えるのだろうか?また「大発見」とは何だったのだろう??


今回のポイントについては、過去の記事に、宇宙一詳しく解説してあるので、そちらをご覧頂ければと思う。一応、記事へのリンクを下に再掲しておこう。

上記の記事の題名を見ればお分かりのとおり、このポイントは東京湾で足で歩いて行けるポイントの中では、トップクラスの実績を誇る爆釣要注意ポイントなのだが、一つ欠点があった。

それは ” とんでもなくデンジャラス ” ということだ。どうデンジャスなのかは、上記の記事に詳しく書いてあるので、そちらをご覧頂くとして、今回の「大スクープ/大発見」とは、このポイントの唯一の欠点ともいえる「デンジャス」の解決方法を発見したということである。

(※画像出典:Google Earth Pro)

但し、この解決方法は、昨年は使えなかったもので、あくまで現時点のものとお考え頂きたい。

この発見は、私にとってはランカー爆釣に匹敵する大発見だった。まさに「地獄から天国」という感じだ。

・・・ということで、まずはいつものツアーの決まり事として、今回のツアーの概要から書いてみようと思う。


■今回のツアー概要

(※画像出典:Google MAP)

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について