穴場発見‼「ツアー15」&「立ち位置セミナー4」:異常高水温の年の冬の湾奥ポイントは釣れるのか?(シーバスゲット動画あり)

 

 

 

 

この記事は「天国の隣には地獄あり。『爆釣立ち位置セミナー』」コーナーと「ゴルゴ横山と行く爆釣ポイント開拓の旅『爆釣ドリームツアー』」の連合記事です。

《この画像は、下に掲載した実際の釣行動画からのキャプチャー画像です。画像が粗いのはご容赦を》

下に、実際に私自身がここで釣りをした時の動画も掲載しています。今回はフッコ&セイゴクラスが釣れました。さて、どこで釣れたのでしょう?

冬の湾奥にもスズキは居た!!

★千葉県 ド湾奥河口エリア「魅惑の牡蠣山ポイント開拓」

■正解:ゴルゴが狙ったポイント

さて、まずはいきなり、前回「爆釣立ち位置クイズ! 」コーナーで掲載した「ゴルゴからの挑戦:爆釣立ち位置クイズ!4 某河口エリア」の正解を書いておこう。下の画像の赤点線の丸の場所だ。

一般に「橋の下」というのは、スズキの好ポイントが多いのだが、いかんせん分かり易いが故に、人も多くなりがち。特に、春・秋のベストシーズンには、人だらけになる場所も多い。

今回開拓に訪れたポイントの対岸側の橋下周辺にも、実績多数の好ポイントがあるのだが、ここもご多分にもれず、ベストシーズンには結構な数のアングラーがウェーディングに訪れる。

今回の釣行時にも、オフシーズンの時期にも関わらず、対岸側の浅瀬にアングラーのものらしきヘッドライトが2、3見えた。ベストシーズンには、どれだけ人が多くなるか想像がつくだろう。

そんな時のために、人の少ないオフシーズンに、コッソリと近くの穴場探しをしておくと、人の多くなるベストシーズンに、人知れず爆釣の恩恵にあずかることが出来る可能性が高くなる・・・という下心に加え、今回は異常な高水温の年における、秋から冬の移行期におけるド湾奥エリアのスズキの群れの動向を体感するという狙いもあった。

今年(2018年)は秋・冬も東京湾の状況は異常!?

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について