TRUTH19「スズキの捕食戦略-その4;シミュレーション結果『捕食戦略の使い分け』」

 

 

 

 

今回の記事は TRUTH18「スズキの捕食戦略ーその3;捕食シミュレーションの作成」 の続きです。

前回までのTRUTH16、17、18で、3回にわたり「スズキの捕食戦略に関する検証すべき課題」と「マルチエージェントシミュレーション」の概要について解説してきたが、ご理解頂けただろうか。

もし、よく分からない部分や、納得いかない内容などがあったら、下記のリンクよりご意見・ご質問をお寄せ頂ければと思う。勿論、感想や応援メールも大歓迎だ。

ご感想/ご意見

今回はいよいよ「スズキの捕食行動」の、コンピュータによるマルチエージェントシミュレーションの、シミュレーション結果の解説に突入する。見慣れない図やグラフがてんこ盛りだと思うが、今回は全て釣りの話しになっているのでご安心を。

具体的には下記のような話だ。

  • 「時合」が短い理由
  • ランカークラスが釣れる「時合」
  • カンタンに釣れる時間帯
  • ベイト密度の変化に伴う3つの爆釣戦略
  • 「群れ戦略」と「縄張り戦略」

それでは、早速本題に入ろう。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について