アクティビティ

  • Bunsuke が更新を投稿 4か月前

    久しぶりに徹夜で釣りが出来る時間がかかる出来たので、小櫃川の金木橋へ行ってきたのですが、事実上釣り禁止になっていたので報告します。
    金木橋下の袖ケ浦市側へ行くルートは竹藪を突っ切るルートと資材置場、それとフェンスを超えて橋の下を通って行くルートの3本があると思うのですが、3本とも私有地を通過しなければならず、そのオーナーが釣人に対して現在大変不信感を持っていて、釣り人は不法侵入であるから全て追い返すし反抗してきたものは全て警察に付き出すとまでいっています。
    昨年まではオーナーも釣り人に対して気さくで(よくBBQしながら友達と釣りをされていました。)寛容で本来立入禁止の資材置場も近道だからと通らせてくれる程だったのですが、去年、千葉北部や都内からやってきたアングラーと警察を呼ぶ程のトラブルに複数回なったようでもはやアングラーに対する信頼を戻すには不可能でしょう。(どうも日中、作業員の方たちが作業中しているときに作業現場の水道でウエーダーを洗ったり、作業現場にゴミをまとめて捨てていったり、重機の出入り口に集団で駐車して出入り出来なくしたり、注意したら胸ぐらを掴んできたりと2021年は大変だった様です)
    対岸の木更津側は船舶を扱っている会社のオーナーは迷惑にならない時間なら車を止めても良いそうですが、廃棄自動車が山になっているところのオーナーがあまり良く思っておらず、こちらも
    トラブルになっているようなので、金木橋で釣りをするのは現地事情をよく知る人間以外はやめたほうが良さそうです。
    良いポイントが潰れていくのはとても悲しいものがありますね…。

    • Bunsuke さんが4か月前に返信

      ちなみに金木橋周辺はスズキの数は例年より少ないようですが、黒鯛の数が増えてデカくなりました。
      5g〜7gメタルバイブがあれば45cm超の黒鯛を20匹釣るのも難しくないと思います。

    • ゴルゴ横山 さんが4か月前に返信

      そうですかぁ。実は僕も堰に行った帰りに金木橋下の様子を見に行った時に、なんか嫌な予感がしたので、作業現場の入り口付近まで車で行って、そのまま車を止めずにUターンして帰った事がありました。僕は前から、作業現場の門を開けて作業してる時は、作業や車の出入りの邪魔にならない様に、あそこに車を止める事は勿論、釣り自体をしないようにしていたのですが、最近はいつも門が開いてますよね。そういうトラブルがあったらもうダメですね。とても残念です(泣)