ツアー29:謎の中洲発見!?千葉県、超絶ランカーシーバス実績ポイントが復活!!ーその2 ~ ” 奇跡の20日間 ” &執念のシーバスゲット!(実釣動画編)~

 

 

 

 

今回の記事は「ゴルゴ横山と行く爆釣ポイント開拓の旅:爆釣ドリームツアー」コーナーに先日掲載した下記の記事の続編です。

ゴルゴ号泣!!超絶ランカーシーバス実績ポイントが復活!!ーその1 ~超絶ランカー捕獲情報が舞い込んできた!(解説編)~


今回は、前回の記事の中で予告した、取材釣行時の動画を掲載するつもりなのだが、はじめに少々注意書きを書かせて頂きたい。前回の記事で、私は下記のような内容を書いた。


今回の記事は昨年掲載した「ゴルゴ横山と行く爆釣ポイント開拓の旅:爆釣ドリームツアー」コーナーの記事の続編なのだが、その時掲載した記事は、もはや使えない記事になってしまったかもしれない。どうしてかというと、上記の記事で私が開拓&紹介したポイントは、今年の台風で大きく地形が変化し、もはや入ることすら出来ないかもしれないからだ。

そして、今年はその地形変化により、かつてランカークラスゲットの実績を量産したポイントが復活したという話を書いた。それから約1週間。。。

今回何を注意書きしたいのかというと、その復活したポイントが、またまたダメになったかもしれないということである。どういうことかというと、最近また以前のような地形に戻りつつあることが確認されたのだ。過去の記事でも何度も書いているが、本当にポイント情報というのはリアルタイム性が重要だ。今回は、特にそのことを痛感させられた。

つまり、このポイントが復活してから約20日間で、再び地形が変化してきているということである。ただ、完全にダメかというとそう言う訳ではなく、かなり厳しそうだが可能性はゼロではないという状況だ。

前回、ご紹介した読者の方は、この奇跡の20日間に、ここにそれなりの頻度で通い詰め、80センチ近いのを4本、60センチくらいのを10本ゲットしたということだ。他にも、他の方が実際にスズキを釣っているシーンを私自身目撃している。まさに、外房のシーバス史に残る ” 奇跡の20間 ” と言えよう。

ということで、前回私が書いた記事や、今回の動画も、もはや使えない情報になってしまったかもしれないが、まだ可能性はゼロでは無い。間違いなく、この周辺には、隙あらばここに入ろうとしているスズキがうじゃうじゃ居るのである。

今回の取材ポイント

前回の記事「ゴルゴ号泣!!超絶ランカーシーバス実績ポイントが復活!!ーその1 ~超絶ランカー捕獲情報が舞い込んできた!(解説編)~」で、今回の取材ポイントについては、かなり細かく解説したので、詳細は前回の記事をご参照頂くこととして、今回はポイント画像のみ再掲しておくことにする。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について