ツアー7:千葉県富津市「湊川」~これで湊川の全てが分かる!?超有名河川の隠れた穴場発見!?(解説ビデオ有り)~

 

 

 

 

何故、ここにはいつもアングラーが居ないの!?

★千葉県富津市「湊川」~ここは間違いなく釣れる!ゴルゴ横山おススメの超有望ポイント~

今回、開拓ツアーに訪れたのは、関東のスズキ狙いでは超有名な、千葉県内房エリアに位置する「湊川」の中のポイントだ。10-12月の秋冬は特に、河口周辺を中心にランカークラスゲットの報告が乱れ飛ぶ、超要注意河川の最右翼。

下でも解説しているが、周辺にはスズキの実績ポイントが数多く存在し、毎年多くのスズキが水揚げされている。当然、有名なポイントは一旦爆釣情報が飛び交うとすぐに人が入ってくる。今回はそんな熾烈な争いが行われているエリアでの穴場探しに挑戦してみようと思う。

(※画像出典:Google Map)


「穴場」を探すには、まずは「穴場」以外のポイントを知っておく必要がある。「湊川」絡みで有名なポイントというと、下記の1~10の10ケ所という感じだろう。(※画像出典:Google Map)

上記の中でも、特に有名なのは、1の「河口右岸導流堤先端」と、2の「河口左岸シャロー」、3の「内房線鉄橋下」、11の「内房なぎさライン橋下」の4つだ。

但し、写真でも見て取れるように、2の「河口左岸シャロー」は、写真の様に川が砂で堰き止められている時は期待薄なので要注意。また、河口左岸の海岸付近まで車で入には、結構細い路地をウネウネ行く必要があるので、慣れないうちは苦労するだろう。私自身は、初めの頃は、国道から海に繋がる道の入り口をみつけるのに苦労した。

4、5は「流れ込み」ポイントで、見た目はショボイが意外と実績が高い。10の左岸サーフも、航空写真を見ると分かるが、斜めにスリットが入った岩礁帯交じりのサーフになっており、スズキの実績はあるが、広いだけに離岸流や根の位置等の、その日の魚の付き場を見つけるのに苦労する。これらの河口外のポイントは、水温が低下する秋冬に比較的実績が高い。

6,7,8は河川内のカーブ内側に広がるシャローエリアの駆け上がり狙いのポイント。河川内なので、夏のリバーシーバスの時期のポイントと思われがちだが、河口からすぐ近くに位置していることもあり、河口周辺でスズキが釣れる時は、潮位が高い時間帯なら、この辺りでも意外と釣れる。

特に、8は支流との合流部になっており、合流部をモロに狙う事が出来る立ち位置があることもあり、有名ポイントという程ではないが、穴場という程でもない。知る人ぞ知るポイントと言えよう。

3の「内房線鉄橋下」、1の「河口右岸導流堤先端」から、河口の海に向かって右岸側のサーフの雰囲気については、下記の動画をご覧頂ければと思う。

ということで、さすが有名河川の湊川。スズキのポイントだらけといった感じだが、まだまだ他にも穴場となりうる有望スポットは存在する。今回は、そのうちの1つの開拓ツアーに挑戦してみた。

但し、はじめに言っておくが、今回のポイントは私自身過去に何度か開拓釣行に訪れているが、未だスズキを釣った事がない。そして、今回の開拓ツアーでもボウズを食らった(涙)しかし私の場合、ポイント開拓で、そんなことはしょっちゅうある事だ。

1回や、2回や、3回や、4回・・・程度の釣行で、そのポイントをモノに出来ると思うほうが甘い。雑誌の記事では、そういう陰の努力は書かれることは滅多に無いが、このサイトでは、開拓の経過も、渋々公表するつもりだ。

また、以前もご紹介したが、千葉県内の全ての「河川&海岸」の一覧図も再掲しておいたので、こちらも今後のポイント開拓のご参考に。

千葉の全ての「河川&海岸」の一覧図

では早速、今回の開拓ツアーポイントの詳細解説に移るとしよう。


⬛今回の開拓ツアー概要

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について