ツアー4:神奈川県「鶴見川 港北水再生センター排水溝」~排水溝の香りに包まれてリゾート気分!!~

 

 

 

 

★神奈川県「鶴見川」~排水溝の香りに包まれてリゾート気分!!~
隠れた爆釣ドリーム排水溝発見か?

このコーナーは、普通の雑誌によくある釣行記のコーナーではない。あくまでポイント開拓の様子をご紹介するコーナー。単にスズキのヒット動画を見たい方はYoutubeで検索すれば、山ほどアップされているのでそちらをご覧頂きたい。但し、ここでご紹介するポイントは、相当マニアックなポイントのみで、私自身が苦労して足で開拓した貴重なポイントばかりだ。本当は自分が釣れるまでは、誰にも教えたくない場所ばかりなのだが、探索の様子を克明に記録した動画も満載!今回探索したポイントが、スズキが釣れる場所かどうかは、皆さん自身が判断して欲しい。

ゴルゴ横山と行く爆釣ポイント開拓の旅「爆釣ドリームツアー」TOP


《今回狙うエリア》

今回開拓ツアーに訪れた鶴見川は、東京湾の都市部のスズキ狙いでは、かなり有名な河川のだが、過去の実績の多くは下流エリアに集中している。

私自身が最も多くのスズキをゲットしているのは、最下流部にある「首都高速神奈川1号横羽線」の橋の下付近で、上流側でスズキを釣った経験があるのは「鷹野大橋」までだ。

ちなみに「首都高速神奈川1号横羽線」の橋の下は潮位が低い時は、岸側が干出するのでウェーディングが可能なのだが、以前は少し上流側に歩いて行くと、川の中に木の柱が立っていて、その柱の上に位牌と卒塔婆が設置されていた。

はじめてその光景を目にしたときは、2滴ほどチビった。かなり不気味だったが、スズキの魚影は濃かったので、歯を食いしばって行ったものだ。その後、そこに行ったときは、その位牌等は、川沿いの護岸の上に移動していた。しかし、この爆釣要注意ポイントも現在では水辺に出ることは出来なくなっている。残念だ。

また、その少し上流側には「鶴見川河口干潟」という名前の、岸付近が二枚貝の貝殻でびっしり埋まったエリアある。ここは釣りをしても怒られない場所で、ハゼ釣りでも有名。スズキは小型クラスであれば結構釣れた。ちなみに、そこで釣れたスズキが、二枚貝の身を吐き出したことがある。これはかなり驚いた。

また、鷹野大橋までの橋の周りも、夏から秋にかけて、それなりに釣れたが、残念ながら私自身はランカークラスを釣った事はない。

ということで、今回は更にその上流域を開拓したいと思う。


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について