最恐ポイントにチャレンジャー現る!~連休こそ贅沢なチャレンジを!~

 

 

 

 

最近は釣行記事の類はネット上に山のようにあるので、このサイトでは、あまりそういう情報を掲載しても面白くないと思っているのですが、今回はGW特集という事で、私の最近の釣行記をご紹介してみようと思います。また、先月「Petit Insight Of Seabass」コーナーで「男を試される、最恐のシーバスツアー」という記事を掲載し、いくつかの根性試しのポイントを紹介しましたが、この記事に登場した、千葉県外房エリアの「石ケ浦」に、夜間にチャレンジしたという猛者からコンタクトがありました。さすが、当サイトの読者らしい、ゴールデンウィークの挑戦ですね。

男を試される、最恐のシーバスツアー

ちなみに、ご本人には、この記事の内容を事前に確認して頂いて掲載許可は頂いております。彼は、近くの「長浜」にも先日入ったとのことです・・・。

ちなみに、この「長浜」は私が思うに、千葉の外房エリアでは一級クラスの恐怖ポイントだと思います。ここは岩礁交じりの砂浜で、スズキだけでなくヒラメの好ポイントでもありますが、駐車ポイントから、サーフに出るまでの道が、これまたかなり不気味。しかも、かつてここの入り口の辺りで、焼身〇〇があった場所でもあり、不気味さ百倍です。

本当は上記の「男を試される、最恐のシーバスツアー」の記事で、ここの話も書こうかと思ったのですが、別の機会用にとっておこうと思っていました。ここに夜入るというのは、さすがです。おそらくこのポイントは、どんなにここで爆釣情報を掲載しても、それほど夜間は人は増えないと思います。ポイントまで辿り着ける根性のある方は、それほど多くは無いと思いますので(笑)

ちなみに、恐怖心への感性に欠けるノースリープ斉藤でさえ、長浜への夜間の釣行はイヤだと言っていました。あの辺りには他にも何箇所か、その手の恐怖ポイントがあります。しかし、やっかいなことに、今の時期この辺りは、スズキ狙いとしてはかなりいい時期なのです。5月の外房~九十九里エリアは、スズキの実績だらけです。

ところで、Twitterには、簡単にアンケートができる「投票機能」というものがあます。これは、回答可能なのは24時間限定で、2択~4択までの簡単なアンケートができる機能なのですが、先日私はこの機能を使って「ここ1週間で貴方が釣ったスズキは、ザックリどんな場所で釣れましたか?」という24時間アンケートを行いました。回答頂いたのは5人と多くはありませんでしたが、結果は以下の通り。

・「磯・サーフ・岩礁帯」:0人
・「都市部の運河・埠頭・港湾・小河川」:1人
・「川の下流・河口」:2人
・「川の中・上流域」:2人

なんと!「磯・サーフ・岩礁帯」と回答された方は一人も居ませんでした。まぁ、回答数が少ないので、たまたまそういう結果になっただけの可能性の方が大きいのですが、これは少々もったいない気もしました。

ちなみに、ここ数日の私の釣行ポイントは、

・隅田川河口エリア(遊歩道)
・中川八潮エリア(流れ込み&中洲周辺)
・三浦半島小田和湾エリア(砂交じり岩礁帯)
・三浦半島油壷エリア(砂地)

釣行結果は、当サイトのオリジナルSNS「Crazys」でも、一部つぶやきましたが、以下の通りでした。


★隅田川河口エリア:この日は満潮からの下げになるとベイトだらけで、怪しいボイルもあったが不発。

↓この辺りはベイトだらけでした。たまに、怪しいボイル音も・・・。ちなみに、ここは何故かよくベイトが溜まっている。

↓これは5月1日の様子。さて何橋でしょう?GW中の4日に訪れた時には、ライトアップされていて、夜間も写真撮影をする者が3-4人居ました。キャスト時は要注意。

↓しかし、魚っ気はあったものの玉砕!背景の光は、昨今話題の・・・。


★三浦半島小田和湾エリア→ベイトは目視できなかったが上げ3位で入り、40~60㎝クラス計3本。

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について