男を試される、最恐のシーバスツアー

さて、3月4月といえば、ヒラスズキの最盛期だ。で、ヒラスズキと言えば、荒波に向かってサラシを攻めるイメージが強い。また、私の場合は、ウェットスーツを使うのは自分で自分に禁止しているので、本格的な沖磯ポイントを攻めることはほとんど無い。何故、ウェットスーツを使わないかというと、際限が無くなる気がするから。例え多少危険な天候の日であっても、目の前にめちゃくちゃ釣れそうな根があるのに、そこに泳いで渡るのを自分で制限する自信が持てないのだ。そんなことから、昔は、ゴルゴのヒラスズキはパチモノだと揶揄されたこともあるが、釣りで怖いのは波や潮流だけではない。男の勇気は、色々な場面で試される・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について