TRUTH2「デカイ魚の狙い方」

釣り師たるもの、やはり釣れる魚はデカイ方が嬉しい。しかし、デカイ魚はどうやったら釣れるのだろうか?過去、多くの釣り師たちがその難題に取り組み、砕け散ってきた。

どんな魚種でも、大きな個体ほど、存在比率は小さくなる事が知られている。
ランカークラスになるまで生き残る率は、関東圏においては大体5%程度だと思っている(この「5%」については、また別の機会に解説しよう)。
他の豊かな自然の残っているエリアではもう少し高いだろう。

なぜ上位5%の魚がなかなか釣れないのか?・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください