2020年釣り納め(12月30日)

 

 

 

 

今年もいよいよ、あと数時間で終わりに近づいてきました。ということで、昨日は釣り納めと、海の神様へ1年の無事を感謝しに、今年最後の釣りに行ってきました。今年もあと少しで、時間も無いので、今回はシンプルにその釣行報告です。


■西→北西の爆風に悩まされた2020年の釣り納め

昨日の昼過ぎまで、都心部は穏やかな冬晴れという感じのお天気だったため、最後の釣り納めは、気楽に千葉県房総半島の内房南部エリアの保田エリアで、前から気になっていたポイントを開拓をしようと考え、一路保田へ。

しかし、現地に着いてみると、釣りどころではない向かい風の爆風で、車から降りたとたんポイント移動を決断。確かに、来るまでの道のりで、妙に車が揺らされるなと、思っていたのだが、都心部が穏やかなお天気だったため、不覚にも天気予報をチェックせずに、釣りに出かけてしまったのが失敗の元だった💦
(※都心部も夕方から爆風に変化した)

そこで急遽、風裏となる外房エリアへ大移動することに。元々、下げ鼻を狙うつもりで来ていたため、移動を決断した時点が既に最高の時合だったため、移動時間を考慮し、出来る限り近いエリアで、ある程度潮位が下がっても可能性が見込めるポイントを考え、外房南部エリアに1年の最後の勝負を賭けることにした。


■SNS告知用動画を再掲

結論から言うと、この日は何とかフッコクラスを1本ゲット。初めは、引きの感触からメバルかクロダイでは無いかと思っていたが、寄せてみるとなんとスズキだった💦

やり取り開始時に、口に掛かった針が外れ、お腹フック1本がアゴ下に掛かっているという、掛かり所の悪さが妙な感触を生んでいたようだ。

型はそれほどでも無いが、この悪天候の中、想定外のポイントへの移動で引っ張り出せた1本は、とても嬉しい1本となった。


■今年の釣り納めはズバリここだ!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について