ポイント開拓報告:千葉県養老川 ~雨後の爆釣ポイントの深耕作戦~

 

 

 

 

未だ、咳が止まらずグロッキー気味のゴルゴですが、あまり遅くなっても鮮度が落ちるので、今回も前回に引き続き、

茨城県「涸沼の上流側の涸沼川」開拓報告!これで貴方も涸沼川マニアの仲間入り ~今年の夏は未開の地へGO!!~

GW中のポイント開拓記事をサッサと書いてしまおうと思う。。。ケホ、ケホ・・・


■今回の開拓ポイントはこの辺り

今回の開拓ポイントは、関東のシーバサーなら、よくご存じであろう千葉県の養老川。養老川というと、河口の排水溝ウェーディングが超有名で、実績も高いが、このポイントについては「養老川 河口 排水溝 釣り」とでもGoogleで検索すれば、動画も含めて情報は星の数ほど出てくるので、そちらをご参考にして頂く事として、今回は過去ほとんど紹介されてこなかったポイントを、マニアックに深耕開拓してみた。


■当日のお天気

開拓釣行に訪れたのは2019年5月3日(金)。この日のお天気は、下の雨雲レーダーの画像の通り、周囲に雨雲は一切なく、穏やかな晴れ。まさに、釣り日和といった日だった。

千葉県の雨雲の動き(2019å¹´05月03日)(※出典:tenki,jp


■当日のタイドグラフ

この日は大潮で、釣り開始は満潮直後の17時30分。日の入りのちょうど約1時間前の、いわゆる夕マヅメの時間帯だった。今回のポイントを攻めるには、ほぼ完璧と言っていいタイミングだろう。

《2019年5月3日:市原標準タイドグラフ》
(※出典:http://tide736.net)


■ゴルゴ横山、釣行当日のタックル

★この日使用した竿は、ZENAQの「プレジール・アンサーPA88」。上記の釣行では、かなりのディープウェーディングが想定されたため、ウェーディング専用に開発した「PA88」(既に廃版)を使用する事にした。

実際に行って見た感じでは、今回のポイントはそれほどアホみたいな飛距離は出なくても釣りになる場所だったので、プレジールアンサーシリーズでは、8.3~8.9フィートクラスが使いやすいのではなかろうか。皆さんの身長や体力に合わせて、いろいろ試してみて欲しい。

プレジール・アンサーシリーズには色々な長さのものがあるが、どれも偏執的な拘りが、いくつも隠されているマニアックロッド。私自身が、細部までこだわり抜いてプロデュースした竿だ。詳しくは下記のリンクをご参照頂きたい。

ゴルゴ横山の「PLAISIR ANSWER プレジール アンサー」解説

★リールは、いつものDAIWA EXIST。性能やパワー・強度については文句なしだ。

ゴルゴ横山の「EXIST イグジスト」解説

前書きは、これで終わり。いよいよ、釣行当日の様子を収めた動画を以下に掲載しよう。今回も余計な編集はせずにノーカットでおおくりする。動画が途中で突然途切れるのは、ビデオカメラが一定の動画長で自動的にファイルを分割してしまうためだ。ちょっと長いが、じっくりご覧頂くと、色々な情報が入手できると思う。


■今回開拓したポイントはズバリこの辺りだ!!

今回開拓したのは、養老川の「堰」の辺り。まぁ「堰」なんぞ、ちょっとやる気のある釣り師なら誰でも目を付ける定石ポイントでもあるので、今回はサラッと流す程度にチェックし、本命の開拓ポイントは少々視点を変えたスポットにすることに。

しかし、この日は、一昨日の大雨の影響で濁りがきつく、下の当日写真の手前にも写っているとおり、茶濁りになっている場所も散見された。ちなみに、この写真の堰の状況は、まぁまぁ増水している状況と思って頂いていいだろう。普段はもっと水量が少ない。


■当日の養老川の「堰」の雰囲気

下に当日の17頃に下見をした時の動画を掲載しておく。堰の状況や、周囲の雰囲気がよく分かると思う。


■サラッと堰下をチェック

まだ明るい時間(17時半頃)に堰直下へ様子見に入る。この辺りは、夏・秋は雨後の増水時に爆釣することもあるので、一応チェックしてみることに。

ただ、私自身は5月上旬の雨後の増水時に、ここで爆釣した経験は無い。というより、5月上旬の雨後の増水時に、ここで釣りをしたこと自体が無かったため、データ収集の意味も含めての釣りだった。ちなみに、私がここで過去スズキを釣ったのは、全て、夏・秋だ。

そして、タイドグラフ上で下げ鼻辺りの時刻になった頃(18時位)、本命のスポットに移動する事に。ここは、ウェーディングで入るポイントなのだが、低潮位時は釣りにならない上、高潮位時はうまくルートをとらないと入る事が出来ないので、養老川を知っている方でも、ここまで入った方はかなり少ないのではなかろうか。

あっ、言い忘れていたが、今回は魚は釣れていないのであしからず。とはいえ、こういう現場情報を、自分で入手しようとすると、高速代やらガソリン代やら、なにかと金がかかるものである。今回は、あくまでポイント開拓に向けた、事前の参考情報として、ご覧頂ければと思う。魚は釣れていないが、ポイントについては、かなり詳しく解説しているので、それなりに参考になる部分も多いと思う。

それでは、早速GO!GO!!

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について