立ち入り禁止ポイントとグレーゾーンについて

 

 

 

 

この記事は「禁断の扉 業界裏話コーナー」の記事です。

禁断の扉 「業界裏話」


新年早々から、厳しい話で恐縮だが、これから1年、皆さんに無事に楽しい釣りを続けていただくために、今回は敢えて「立ち入り禁止ポイント」について書いてみようと思う。

昨年、千葉県盤津干潟の超実績ポイントでもある「江川のミオ筋」がある「江川海岸」が完全立ち入り禁止になってしまった記事を掲載したが、

千葉県盤津干潟「江川海岸」が完全立ち入り禁止に!!

最近、私の行動範囲では立ち入り禁止となるポイントが、やたら増えてきているように感じる。「江川海岸」だけでなく、東京湾奥エリアでも立ち入り禁止のポイントは増加中だ。

最近、私がガチンコポイントとして認定していた大好きなポイントが次々と「完全立ち入り禁止」になっていっている。ここ数年間では結構な数のポイントが、入ることが出来なくなっている。

これからの春先のランカーシーズンに向けて、私が確認した「立ち入り禁止になってしまったポイント」をいくつかご紹介してみることにする。どれも、私が何度も爆釣を経験しているポイントで、中には雑誌のカラー連載でも紹介したことがあるポイントも含まれている。

まぁ、私の場合は、あまり釣り人が入らない場所を開拓(侵入?)して釣りをする事が多いので、必然的に「人が入ることを想定していない場所」が多くなるので、開発計画を立てる行政や業者も、まさかそこを立ち入り禁止にしたら困る人間がいるとは思っていないのかもしれない。

苦労して開拓して、釣れるパターンを見つけ出しても、立ち入り禁止にされてしまってはどうしようもない。穴場の開拓には、そういう意味でのリスクもあるということである。

ということで、今回のテーマは「立ち入り禁止ポイントとグレーゾーンについて」。かなり微妙な話も含まれることになると思うので、誠に申し訳ないが、ここから先は会員専用コンテンツとさせて頂ければと思う。少なくとも雑誌なんかには絶対に書けない内容だ。

それでは、コッソリGO~!!


このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について