TRUTH3「弱い紐帯の強さ」と「捕食ネットワーク」

モンスタークラスのスズキを追い求める私にとって、スズキの捕食ネットワーク構造を知ることは、夢に近づくための必要条件ともいえる。
今回は、そのための基礎概念を解説しよう。

1973年、社会学者のマーク・グラノヴェッターは「The Strengs of Weak Ties(弱い紐帯の強さ)」と題した論文を発表し、社会学の世界に多大な影響を与えた。

ここで「紐帯」とは、人を繋ぐ親密度の「帯(おび)」のようなもの。弱い紐帯で結ばれている者どうしは「ちょっとした知り合い」という事になり「強い紐帯で結ばれている者どうし」は、とても親密度の高い「親友や家族」という事だ。

いきなり、何の話を始めるのかと思われるかもしれないが、ご安心を。歯を食いしばって読んでいくと、最終的には、ちゃんと釣りの話しになってくる(笑)・・・

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。お願い . あなたは会員ですか ? 会員について